2017年03月31日

思われるメッ

そうわたしとヒカルの唇が一瞬重なるようにして動き、ふたり同時にそうささやいた。

と、その時だった???、わたしは再び遠い記憶の彼方へと意識が押し流されるのを感じ、そのまま例の、あのブラックアウトがこのわたしを襲った。

それから次にわたしの意識が戻り始めたと気づいた時、わたしはうつ伏せの状態で何処かの部屋の布団の上にいるようだった。
そして再び数秒ほどの記憶喪失状態の後、わたしは緩やかだが完全に意識が覚醒するのを自覚する。

ここは????

と、その瞬間わたしはガバッと飛び跳ねるように起きると、自分の置かれている状況を把握するため辺りをゆっくりと視線を凝らし冷静に見渡す。

するとそこは、わたしがこちらの世界でユナと訪れた草津の宿の部屋にまちがいなかった。

それからわたしは思い出したようにテーブルの上に置かれていた自分の携帯を手に取ると、すかさずその画面にあるその日の日付を確認する。

09:363月18日(金)

あの夜の翌日の朝だ。

助かった???。
わたしはこちらの世界に帰って来れたのだ。

よかった。
って、あ、あれ?
で、でもユナがいない。

そう思いつつふと見たテ
ーブルの上の、わたしの携帯がその上に置いてあったであろう所に一枚の紙切れが置き手紙のようにあることにわたしはすぐに気づく。
するとそこにはユナの手書きと思われるメッセージが、ボールペンで殴り書きのように書かれていた。
と、その内容もいたってシンプル。

『今日まで本当にありがとう???、ナオキ。
お世話になりました。
ユナ』

その文面はどう見てもわかり易いお別れのメッセージのようにしか見えなかったわけで。
って、でもまたこんな状況でいきなり何故?
なんて思いつつ、わたしはしばらく放心したように布団の上でその手紙をじっと見つめていたのだが???、そんなことをしていてもらちがあかないことに気づき、わたしは荷物をまとめチェックアウトの準備に取りかかった。
ユナの荷物は何ひとつそこには残されておらず、彼女の着ていた浴衣はもとあったのと同じようにきちんと折り畳まれ床の間の上に置かれていた。

フロントに下りて行くと、カミカワさんが、
ああ、ホンジョウ。  


Posted by Do not love my please handstand at 12:25Comments(0)

2017年03月02日

相手ってのがわた

なんかもう東大出のオンナにしゃ○られてるって思うだけでいっちゃうんだって」
はあ・・・、なんかちょっとdermes 激光脫毛疲れてきた」
本当オトコのセック○って幻想って言うか?
頭でしてるんだなあって、そん時はマジでそう思ったね。
もうそれ言った瞬間にいきなり勃○したヤツが何人もいたんでびっくり!」
ああ、まあ、やはりそういうもんなんでしょうねえ」
っておいおいヒカルさんそこで納得かよ?
って本当にもう。

で?ちなみにdermes 價錢それで・・・、いくら貯めたのよ?
その仕事で、アンタ?」
ああ、まあだいたいだけど・・・、3ヶ月で500万ぐらい?」
ご、ご、500万?
こ、こ、このご時世に?」
そう、どこでも探せば無駄に金持ってるヤツってのがいるんだよね。
まあでも、正直その後の反動としての鬱?
なんてところなんだけどね、今回のあたしの場合」
いやあ、って言うかまあ、この度も大したもんって言うかまあ・・・、ひと言もございませんよ、チハル大先生には」
と例によって今回もわたしは呆れを通り越して、改めてまたこのオンナの行動力に対し、尊敬せざるを得ないんじゃないか?なんて思っている自分がここにいる。
いやあ、さすがはマキさんのお友だちですね?
やることが本当、大胆ですよね」
と、その話を無難に笑顔で締めたのはヒカルさんだった。
ゆっくり出来た?」
とチハルは既に何かの仕込みをしていたのだろう、キッチンから顔を出すようにしてそうわたしたちに声を掛ける。
うん、なんかちょっとうたた寝しちゃったよ、ふたりして」
ちょっと・・・、まさかふたりデキてないよねえ?」
なんてチハルは冗談ぽくわたしたちをからかうように言う。
大丈夫、それはないから」
と言ったわたしの横ではヒカ老年黃斑病變
ルさんがまんざらでもないような顔で微笑んでいる。
ええ、嘘?
ヒカルさん・・・、まさかそのケはなかったよねえ?

今ね、ここにあったトマトソースでミネストローネ作ってたの。
食べるでしょう?」
うん、もちろん」
ああ、わたしも大好きです」
とヒカルさんも確かイタリアンっぽいのは大好きな筈。
それからわたしとヒカルさんも交代でキッチンに入り、買って来た野菜の炙り焼きの支度を始める。
まずはやっぱり空豆から?
と焼きたてのその皮の側面に包丁を入れ、切って取り出したアツアツのお豆を塩につけて食べるとこれがまた最高に美味い!
そう、特にビールのつまみに!
と思ってたところでチハルが全員分のビールをグラスに注ぐと、
ほんじゃあとりあえず、なんかの縁で集まった女子会3人にかんぱ~い!」
と彼女の音頭で3人、グラスをカチカチッと重ね合わせた。

それで・・・、コウとはなんで別れたって?」
とチハルはなんとなく忘れかけてた例の一件をまずは、とばかりに突っ込んできた。
ああ、その話?
その件は・・・、なんかね、新しいオンナが出来たんだって」
はあ、そうなんだ?」
そ、そうなんだってチハルさあ、随分軽く言ってくれるよね?」
えっ?
ってよくある話じゃん」
やあ、まあ、それはもうどうでもいいんだけどさあ」
と自分でもどっちなんだよ、と思いながら、
もう腐れ縁だったからね。
でもほら、いざ向こうからふられるとそれなりにショックっていうか・・・、わかるでしょ?」
とこの宇宙人チハルに同意を求めたわたしがまちがっていたのだろう。
そう。
えっ?
で、なんだったけ?」
と予想通りチハルはまともに聞いていない。
ああ、まあそれはいいけど。
それよりショックだったのはね、その相手ってのがわたしのルームメイトのトオルってヤツの元カノでさ。
まだ20代前半の若い娘だったってことなのよ」
ええ!?嘘でしょ!
それはちょっとムカつくかも!」
とこの件に関しチハルの食いつきは早かったようだ。
ああ、そんなもんなんですか?」
とどうやらヒカルさんはそのポイントの意味が全くわからない様子。
そうよ、若いオンナに取られるのだけはあたし、はっきり言って許せないから」
とチハルはうなずきながらそう主張する。
そう、そのまたミユキって娘がまたビッチでさあ。
前にもそのトオルの先輩ともデキちゃったり、それがもう手当たり次第って感じ。まあ、確かにその娘・・・、カワイイんだけどね」
  


Posted by Do not love my please handstand at 15:29Comments(0)
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
Do not love my please handstand